ある日突然水槽にハマッた男の苦悶の日々を綴っています。自分は何がしたいのか? いったい何を目指しているのか? ベテランへの道はあまりにも遠い・・・。


by uoiro

カテゴリ:アクア 淡水( 14 )

カエルが鳴いている

最近は、雨が降ると庭でカエルが鳴くようになりました。
夕立で雨が降ると鳴くことが多いので、雨が降っているのを喜んでいるようです。

でも、かなり大きな鳴き声です。
昼寝をしていると起こされてしまいそうなほど大きいです。

水場もあまり無いのだけど、一体どこからこのカエルはやってきたのでしょう?
おたまじゃくしは生息していないし、一匹でピョコピョコと飛んできたのでしょうか。
かなり不思議です。

でも、回りに生き物が増えるということは、うれしいものです。
夜中に鳴かれると困るけど・・・。
[PR]
by uoiro | 2012-08-27 16:21 | アクア 淡水

めだか増殖

家の外に置いてある大きな壺で飼っているメダカが増殖していました。

太った親の間を小さなメダカが泳いでいました。
毎年のことながら、メダカがどんどん増えています。

たまにエサをあげるのを忘れると、大きな個体が赤ちゃんメダカを食べてしまいます。
壺の中で壮絶な世界が繰り広げられていますが、そうならないように注意したいと思います・・・。
[PR]
by uoiro | 2011-05-25 12:27 | アクア 淡水

メダカの成長

夏の初めに生まれたメダカの子供。
もう2ヶ月くらい経過しますが、もう親のメダカと同じくらいの大きさに成長しました。
2倍くらいの大きさになっています。
来年の夏には、こいつらがまた卵を産むでしょう。
数がどんどん増えていきます。
[PR]
by uoiro | 2009-08-25 13:47 | アクア 淡水

メダカの子孫

この前死んだ2匹のメダカは、今年の春に卵を産んでいました。

発泡スチロールの水槽に卵を移しておいたのですが、この前見たら、たくさんのメダカがいました。
あの2匹の子孫です。

小さい水槽ではかわいそうなので、2匹のメダカがいた大きな水槽に移してあげました。
まだ小さいけれど、毎日元気に泳ぎ回っています。
あの2匹の子孫だから、きっと長生きするでしょう。
[PR]
by uoiro | 2009-07-16 12:58 | アクア 淡水

メダカが死にました

昨日、長年飼っていた(5年くらい)メダカ2匹が死んでしまいました。
きっと、急激に暑くなったせいでしょう。

5年も生きていて、かなり大きくなって、人に見せると「でかい!メダカじゃない」と言われるほど自慢だったのに。
かなり残念です。
でも、2匹一緒に仲良く天国に旅立ったので、きっと淋しくはないでしょう。
合掌。

この2匹が生んだ子供たちは、まだまだ元気で泳いでいます。
この子たちも、きっと長生きするだろうな~、って思ってます。
[PR]
by uoiro | 2009-06-26 12:37 | アクア 淡水

メダカの産卵

ちょっと前に、飼っているメダカが産卵した。
水草を見たら透明の丸っこいものが付いていたから、慌てて別の容器に移しておいた。
移しておかないと、メダカの親は間違って卵を食べてしまうから。

で、先週その親メダカを見たら、少しお腹が大きくなっている様子。
また産卵でもするのだろうか?
今まで、産卵は年に1回だけだったのだが・・・。

よく分からないので、毎日観察しておきたいと思います。
[PR]
by uoiro | 2009-06-06 12:40 | アクア 淡水

長生きのメダカ

3年前からメダカを飼ってます。
最初の頃は、すぐに死んでしまっていたけど、だんだんコツを掴めてきて、繁殖に成功するようになりました。
毎年、たくさんの卵を産みます。
でも、そのままにしておくと、親が卵を食べてしまうので、別々に分けます。

最初の親はもう3年くらい生き続けています。
もう丸々と太っているので、メダカとは思えないほど。
家に来客があると、見せるのですが、みんな「でけぇ!」「大きい!」とびっくりします。

いつまで、長生きするのか見守ってやりたいと思います。
[PR]
by uoiro | 2009-03-18 13:11 | アクア 淡水

ピータンの壺で金魚

「なんでも鑑定団」を見ていたら、ピータンの壺がお宝として鑑定されていた。
でも、結果は3万円。
それほど古いものではないから、安い値段だったようだ。

でも、このピータンの壺は防水のために内側に加工がしてあるから、金魚を飼っている人が多いそうだ。
それを聞いて、私もピータンの壺で金魚を飼ってみたくなった。
壺は深いから、金魚もたっぷり泳げるだろうし。

早速近所のお店に行ってみたら、3,000円で売られていた。
かなり安い。
だから1個買ってきた。

週末に金魚を入れてみようと思う。
[PR]
by uoiro | 2009-02-26 13:20 | アクア 淡水

ビーシュリンプ

2ヶ月前に増やさず減らさずの目標を立てたところなのに、年末からなぜか激減しているビーシュリンプ。
たまには新しい血を入れないと減ると聞いて、先月初めに黒ビー2匹とタイガータイプのCRSを2匹、計4匹の新人を迎えたばかりだというのに。
しかも、15ミリほどしかないサクラエビみたいなやつが4匹で5180円もしたというのに、血が混ざる間もなく姿が見えなくなってしまって、こんなことなら伊勢海老の造りかカニすきでも食っときゃよかったと後悔するくらい非情な事態となっている。

なぜ急に落ちだしたのかわからない。
水温は24度、毎週5分の1ほど換水している。
エサは2日に1度しかやっていないし、それも頭数にあわせてほんの少しだけだから、急に水が悪くなったとも考えられない。
比較的大きな個体の遺骸が転がっているから単純に寿命が尽きているだけなのかもしれないが、よく考えてみるとここ最近幼エビの姿を全然見ていない。
つまりまず体力のない子どもが★になり、続いておとながポツリポツリと力尽きているところでは?
新しい血を入れるのが遅すぎたような・・・。

またリセットか??
でも8月にしたばかり、それに住民も、もはや10匹くらいしかいないような気がする。
もう90センチ水槽に移したほうがいいように思えてきた。
90センチは魚も多いが水草も多すぎるくらい多くて、実はエビ天国になっている。
ヤマト、ミナミ、ニュービー、タイガー、チェリーレッドが総勢120~130匹、ヤマト以外は全種繁殖しているし、不本意ながら魚がいる分殖えすぎて困ることもなく、冷暖房完備(クーラーがついている!)、コケもほとんどなく、昼間は水草が酸素の泡を出すほどの、うちの水槽群随一の環境のよさを誇っているのだ。

今のままでいるより、移したほうが生き延びられると思う。
どうせもう赤い絨毯の実現を夢見ていないのだから、最も手間のかからない方法で延命と種の保存を目指すのがベストだと。

念のために言っておくけど、エビ水槽がなくなったら、空いた下駄箱の上でまた何か飼える・・・。
なんてことはまだ全然考えてないから。
[PR]
by uoiro | 2008-08-21 14:13 | アクア 淡水
底物(スジシマドジョウ)は底で生きることを宿命付けられてるから、人(魚)一倍、天へ羽ばたくことに憧れてるとか。
痩せたスジシマドジョウには、何とか栄養付けてもらわないと!
と思いながら、コリタブもやってみたんだけど、バーゲンに群がるおばさんたちにお尻で弾き出される貧相なオヤジ状態。
細かく散らばるエサで、金魚たちに食べこぼしてもらうしかないようです。

うーん、何とか救う手立てはないものかなぁ。
スポイトで口の近くに落としてやるとか、ミミズみたいに砂の中に生息してるものを食べるなら金魚も手(口)をだせないだろうけど。
心配な痩せ方だし、ひとりぼっちで傷心だろうし、たらふく給餌してあげたい。
でも、金魚って食いしん坊なんですね。

私がイトメを与えてたのは金魚の為でもあるのですが、金魚もガンガン食べます。
でも、潜ってしまうイトメもいるので必ずスジシマドジョウもありつけるはず。
近所でイトメ売ってないとなると困りますが。

スポイドでっていうのはちょっと無理があります。
口の近くになにやら恐ろしげな物体が迫ってきたら、そっこーで逃げるし。
中途半端な潜りだったら金魚に掘り返されてしまいそうだけど、完全に潜ってしまうエサなら勝算あるかも。

でも、どじょうが食べて金魚が食べないものは、おそらくないと思われます。
元来「生餌」の発想がないのでイトメは思いつきませんでした。
あれなら金魚ももちろん狂喜して食べるだろうけど、金魚から逃れた幾らかがどじょうの口にも入りそう。
[PR]
by uoiro | 2008-08-11 14:33 | アクア 淡水