ある日突然水槽にハマッた男の苦悶の日々を綴っています。自分は何がしたいのか? いったい何を目指しているのか? ベテランへの道はあまりにも遠い・・・。


by uoiro

カテゴリ:アクア 海水( 14 )

レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプって知ってますか?
ビーシュリンプが突然変異して赤くなったもの。

とっても貴重な存在なので、かなりの高値で取り引きされています。
これを繁殖させれば、大金持ちになれること間違いなし!という代物です。
以前はテレビで紹介されたこともあり、知名度も広まっている様子。

よし!不景気だからここで挑戦するか!と行きたいところですが、なかなかヒマが見つかりません。
繁殖させるのには手間もかかるし、難しそうだし。

誰か挑戦してみませんか?
そして、飼育方法のコツを私に教えてください!
[PR]
by uoiro | 2008-10-14 14:32 | アクア 海水

カニの足

辰之助とダンカン、愛着のある魚が相次いで★になり、ただでさえ活気に欠けていた海水水槽は、過疎化が進みきった田舎の商店街のように寂れてしまった。
心機一転、水槽をリニューアルしたい。
それが無理なら(めんどうなら)、せめてレイアウトだけでも変えたい。

しかし如何せん、水槽内占拠という狼藉を続けるスズナリと、終わりなき地下工事により岩組み崩壊・水質汚濁の環境破壊をし続けるニシキテッポウエビのハジキンをどうにかしない限り、せっかくイカした景観を作ってもすぐに崩されてしまう。
スズナリ殲滅を期して招いた二代目コブヒトデのゴアとガムは、相変わらず働くでもなくガラスにへばりついているし、岩崩れを防ぐためにライブロックの下に立てていたアクリル棒は、ハジキンが土台ごと倒して巣穴の外に運び出しているし。
困ったもんだ。

とりあえず今考えているのは、小さい水槽に全てのスズナリを閉じ込め、奥行き30センチの90スリム水槽で前後がつかえて折れ曲がっているハタゴンを90規格水槽に移す。
それからハタゴンとスズナリがいなくなった90スリムに、カクレ以外の魚とエビ(もちろん土建屋コンビも)と、少々落ちても埋もれてもへこたれなさそうなサンゴを移す。
そしてハタゴンが移動しないように岩の配置を工夫し、空いた空間にその他のサンゴで珊瑚礁モドキを作る。
その珊瑚礁モドキにはリフからの水を落とし、あまり泳ぎ回らないヨウジウオのペアとオトヒメエビのペアを入れる。
おお、いいんじゃないの~。

その時はカニのチョッキンたちにはスズナリ水槽に入ってもらおうかな、なんて、実現可能な楽しい空想に耽りながらふと見ると、ちょうどチョッキンC作がライブロックから出てきた。
が、なんか動きがぎこちない。
片側の足が1本しかないやん!

うわ~、いったいどうしたんだ、C作。
誰にやられた?
チョッキンの誰かか?
ハタゴンか?
まさかおとなしい顔して実は凶暴だったりするコブたちか?

エビは足がもげても脱皮を繰り返すうちに再生するけど、カニもそうなんだろうか。
それならいいけど、一生不具のままだったらかわいそうだなあ。
というより、この姿だとその一生がすぐに終わってしまいそうな気がする。
スズナリ水槽に収容するのはC作だけにして、足が生えるまで(生えるのか?)特別待遇で世話してやろうか。
慈悲が試されるのは、今だな。
[PR]
by uoiro | 2008-08-31 18:47 | アクア 海水

ヤドカリ

スズナリ水槽を閉鎖してスズナリたちをガレ場に戻したとたん、なぜか全く仕事(スズナリ捕食)をしなくなったコブラ大使、だんだんヘタッてきたような・・・。
ペパーミントシュリンプにツマツマされていることが多いと以前書いたが、下にいるときはヤドカリにもやられている。

このヤドカリは近くのショップで1匹100円だったか200円だったかで買った名もなきヤドカリで、いや名前はあるだろうけど名前も表示されなき無名のヤドカリで、見た目といえば100年くらい田舎の納戸で眠っていた爺臭い絣模様みたいな色合いで、ヤドカリらしい期待どおりの働きをするでもなく、魚にエサをやったときだけカニと争うようにして必死で動きまわる役立たずだ。
その役立たずが5匹もいる。
水槽を半リセットした時、予想される茶ゴケ対策にコケ取り貝と一緒に導入したのだ。
そのコケ取り貝はやたら死んでいて、スズナリを戻す前にコブラ大使に食われたやつが多いが、3分の1はこの名無しの爺絣ヤドカリに食われたんだと思う。
しかも貝ばかりか、こいつらは西の海からやってきた先住のヤドカリまで迫害しているっぽい。
時々水槽のどこからともなくかすかな音が聞こえ、次の日には爺絣の1匹が、昨日まで確かに西のヤドカリが背負っていたヤドを当たり前のように着て歩いているのだ。
どうせならスズナリをどうにかしてほしいけど興味ないらしい。
しかしまあ、こいつらといい、スズナリといい、カニといい、なんてガレ場が似合うヤツラだろう。
こんなのをオーバーフロー水槽で飼ってるなんて・・・。
なんか、よく考えたら泣けてきた。
[PR]
by uoiro | 2008-08-26 14:26 | アクア 海水
かつてはキクメイシやらナガレハナやらハナガサやらヒユやらのハードコーラルが色鮮やかに息づいていたマリン水槽。
しかし、いつのまにやら彼らの姿は消え、おもに茶系の、いわゆる“初心者向き”のソフトコーラルの天下になってしまった。
ところが消えずに頑張っているハードもいるわけで、むしろ買った当時の2倍に成長している彼らとは、ミズタマサンゴとアザミサンゴ。

二種ともに長いスイーパー触手を伸ばして近隣のサンゴを攻撃する。
おかげで巨大化して困っていたヤワタコアシカタトサカが溶かされてずいぶん小さくなり、増えすぎて困っていたシイタケ(茶色のディスクコーラル)が減った。
喜んでいる場合じゃないんだけれど、ヤワタコとシイタケにはスズナリに通じる迷惑さを感じていたから、勢力が衰えてくれてちょっぴりラッキー。

そのミズタマとアザミ、向かい合った場所に位置していて、時々お互いの触手を絡ませあっている。
それは攻撃しあうというよりも、盟友の契りを交わしているように見える。

「ハードコーラルの誇りにかけて頑張ろうぜ!」
「おう! 骨なし野郎どもにでかいツラさせてたまるもんけぇ!」

意志を確認しあうと、どちらかがダメージを受けたということもなくすんなり離れ、また長い触手を思い思いに漂わせる。
そしてソフトコーラルに触れたが最後、容赦なく餌食にするのだ。

これも弱肉強食と言うんだろうか?
そうだとしてもこれ以上他のサンゴを溶かされちゃ困るなあ。
[PR]
by uoiro | 2008-08-16 13:47 | アクア 海水
今日は朝からショップに行って「ブルースポットジョーフィッシュ」を買ってきました。
かなり前から欲しかった魅力的な魚です。
もちろん、水槽の中ではペアで泳いでいます。

イエローヘッドジョーもキレイだけど、ブルースポットジョーフィッシュも負けていない。
かなりのネタ&自慢になってしまいそう。
この3連休は、じっくり観察して楽しむことにしよう。

現在は、えさを良く食べています。
巣穴を掘ったその中で。
でも、肌が荒れてしまう可能性もあるので、水と水槽の中はいつもきれいにしておかないと。
ちょっと手間ですが、大好きな魚のためにはやめられない。
[PR]
by uoiro | 2008-07-19 13:25 | アクア 海水

ジョーフィッシュ

今朝水槽を見たら、ジョーフィッシュが水槽内で並んで巣穴に入っていました。
こんな姿は滅多に見られません。
何かいいことがあるといいなぁ、なんて思います。

ジョーフィッシュは、今はおとなしくしているけど、親がやってこないのを心配しているかも知れません。
でも、親はなくとも子は育つと言うから、親がいなくても大丈夫かなと思います。

それに、クマノミと共生しているようなのでよかった。
ずっと心配していたけど、かわいい姿を見れて感動。
確かに並んでいたので、写真を撮っておけばよかったかなぁ。

このまま、大きく成長するように願っています。
[PR]
by uoiro | 2008-07-17 18:35 | アクア 海水

イエローヘッドジョー

今回は、イエローヘッドジョーの話。

水槽の裏側に2つのライブロックを移しました。
けっこう高さのある岩の狭間ができました。
そこからイエローヘッドジョーは、時々頭を出しています。

私が見ると、首を向けてこっちを見ながら、少しずつ後ずさりして視界から消えてしまいます。
かわいそうだから、あまり構わない方がいいのかもしれませんが、かわいいのでついつい見てしまいます。

それに、イエローヘッドジョーは2匹いるので、一緒に仲良くしているようです。
でも、もう1匹は隠れていてなかなか出てこないので、あまり見ることができません。
早く出てきて、一緒にエサを食べてくれればいいのに。
何か飼育方法を間違っちゃったかな?
[PR]
by uoiro | 2008-07-15 16:33 | アクア 海水

ねり餌

今朝、チンアナゴを観察していたら、3重管のスリットに吸い込まれそうでした。
サンゴも倒しているので、タマイタは動き回っていました。

今まで色々な生物を飼育してきたけど、やっぱり海水は難しいですね。
でも頑張って海の森を作りたいです。

あと、ねり餌は密封できる容器に入れれば保存できることに気付きました。
昨日今日はとても暑いので、冷暗所に保存しないといけないけど。
最近では歯磨き粉のようにチューブ入りの物もあるし、安いものは200円くらいで売られています。
ディスカスはわかりませんが、ほとんどの淡水魚も海水魚も食べるので、余ることもなく経済的。
たまにベタベタしている練り餌もあるけれど、その場合は小麦粉を混ぜるといい感じになります。
[PR]
by uoiro | 2008-07-13 13:36 | アクア 海水

チンアナゴたち

ハタゴイソギンチャクを入れ替えてから1日が経過。
魚たちは喜んでいるようです。

でも、私の手が傷だらけのまま。
筋肉痛も1日遅れできてしまいました。

しかし、チンアナゴたちはせっかく入れてあげたサンゴをなぎ倒しながら悠々と泳いでいます。
接着剤「アロンアルファ」で接着しようかな、と思うのですが、水が臭くなりそうなので止めました。

本当に水槽を入れ替えたり、片付けるのは大変ですね。
結構な重労働ですよ。
水槽内は区画整理されて良い感じになりましたが、予想をはるかに上回る重労働でした・・・。
[PR]
by uoiro | 2008-07-12 13:51 | アクア 海水

ハタゴイソギンチャク

水槽にいるハタゴイソギンチャクとその他の魚たちを入れ替えました。
前日から100リットルのRO/DI水を作って、今日は水槽の水を全部抜いて石灰藻をきれいに落としたり、底砂を移動させたり、新しいサンゴ砂を追加したり、ライブロックを掃除したり、リフジウムを撤去したりと、色々と作業をしていたので大変でした。
途中から腰は痛くなるし、腕は痛くなるし、手は傷だらけに。

水槽の右側はリフジウムからの水が落ちてくるから、水流を弱めにしてライブロックで囲って、イボヤギ・カニハゼ・ヨウジウオを入れてみました。
プランクトンが湧いて出てくるので、サンゴやプランクトンを食べるの魚のために。
でも、ウミブドウ・ヘライワヅタなどの海藻はなぜか育ちません。
ビャクシンヅタは溶けてしまって、フェザーも消えてしまいました。
今残っているのは赤いウミブドウとムカデノリとサボテングサ。

放置していればまた生えてくるかなぁ、と思います。
以前はもっとボウボウでジャングルみたいだったから。

反対に海藻がない代わりにコケはたっぷり生えてます。
見栄えにが悪くなるので、あまり好きではないけど。
貝やヤドカリを入れておけば、コケを掃除してくれると思うけど。
[PR]
by uoiro | 2008-07-11 14:24 | アクア 海水